海外旅行の準備 SIMカード編

台湾旅行に行くことになりました。
海外旅行に行った際に、そのまま普段利用している使い慣れたスマートフォンを使う方法はいくつかあります。
1.契約しているキャリアで海外用の契約変更をしてもらう。
2.渡航先で使えるWi-Fiルーターをレンタルする。
3.渡航先で使えるSIMカードとアンロックされたSIMフリーのスマートフォンを用意する。
キャリアで海外用の契約変更をする方法は「海外旅行準備 プラン編」で書いたので、今回は海外仕様のSIMカードを用意するパターンを紹介します。

台湾旅行のための準備

持っていく物の準備をしている時にスマホどうしようと思ったわけです。
今まで海外旅行はオーストラリアとハワイに行ったことがあるくらいで、海外経験が豊富というわけではないのですが。私が経験していった方法の紹介と、これから行く台湾で自由にネットに繋がるための方法を記録していきます。

これまでの海外旅行

オーストラリア旅行

6年前にオーストラリアに行った時はゴールドコースト周辺でしたが、ホテル以外にWi-Fi環境がないなかで1週間を過ごしました。その当時はそこまでスマホが普及してなかったので、ちょっと不便だなと思ったくらいでしたが今同じ環境で1週間過ごすのは厳しいし、ネットに繋がって情報が取れたほうが便利に快適に海外旅行を楽しめるようになります。

ハワイ旅行 その1

2014年社員旅行でハワイに行きました。Wi-Fiルーターの準備を忘れていて空港で聞いたら在庫がないとのことでWi-Fiスポットのみでインターネット接続していました。

ハワイ旅行 その2

2014年社員旅行の次の週。キャリアの優秀スタッフ表彰の研修でハワイに行きました。研修とはいえ2週間連続でハワイに行くというレアで貴重な体験ができました。
折角なのでハワイのドコモワールドカウンターで、契約変更をして「海外パケホーダイ」から「海外1dayパケ」に変更してiPhone5Sを使っていました。

4年ぶりの海外

今回は、渡航国用のプリペイドSIMを使うことにしました。
そこで早速、「台湾の通信事業者」「プリペイドSIMの周波数」「持っていくスマートフォンの対応周波数」を調べました。

台湾の通信事業者

台湾の通信事業者は5社
※各社のホームページのlinkを貼っておきました

それぞれの特徴があるようでしたが、今回の目的は台湾移住ではなく海外旅行の短期滞在。
下準備としてのリサーチとしてはこのくらいにして、ここからはAmazonでプリペイドSIMを探していきます。

台湾旅行用のSIMカード 3選

各社のプリペイドSIMカードを見つけましたが、今回選んだSIMカードはこの3枚に決めました。

Hot Taiwan SIM-TSTAR台湾之星 台湾プリペイドSIMカード5日


  • 台湾で5日間3G/4G LTEデータ通信高速無制限プリペイドSIMカードです。 台湾之星(Taiwan Star Telecom)は、近年台湾で急にユーザーが多くなって、 データ通信速度が早く、どこでも接続が良く快適に利用できる電話会社です。 データ通信量:4G・3Gデータ通信高速無制限使い放題 (速度制限なし)
  • SIMフリースマートフォン、タブレット、Wi-Fiルーターにて利用可能です。 SIMカードのサイズは、全サイズ (標準、Micro、Nano)に対応します。
  • データ通信専用 (通話 SMS利用不可) テザリング利用も可能です。 周波数帯域: 【LTE】900Mhz 、2600Mhz
  • 利用期間:利用開始後5日※利用日数は日数カウントとなります。 (例えば台湾時間23時に利用開始した場合、 1時間で1日分としてカウントされますのでご留意ください。)有効期限が過ぎるとプランは失効となります。延長・チャージ することは不可能となる。
  • 【日本語説明書付き】商品到着後、インターネットにてSIMカードの登録を行ってください。開通作業は商品同梱の説明書に従って開通サイトにアクセスして情報入力するだけです。又、開通完了まで最長40分要りますのでお早めに登録手続行ってください。
  • 亜太電信 台湾プリペイドSIM 4G・3Gデータ高速通信 速度低下なし無制限 5日


  • 台湾にて4G LTE高速データ通信(*一部地域にて3G通信)無制限利用プリペイドSIMカードです。  亜太電信:Asia Pacific Telecomは、桃園空港でも販売している新興会社で、空港や台北市内ではデータ通信速度が早く、ユーザーが多く混雑しがちな大手電話会社よりも接続が良く快適に利用できます。
  • こちらの商品は、データ量を気にせずに、制限なく高速通信利用が可能です。 スマートフォンでの利用はもちろん、Wi-Fiルーターを使って複数の機器と接続利用する方や、 タブレットを使って大きな画面で地図やWebサイトを 閲覧する方に適した通信網をご用意致しました。
  • 利用出来るのはSIM Freeスマートフォン・タブレット・Wi-Fiルーターとなります。 ●SIMサイズ:通常・micro・nanoサイズに対応  ●データ通信量:LTEまたは3Gデータ通信が無制限で利用可能 (速度制限なし)  ●データ通信専用 (通話利用不可)   ●テザリング利用可能
  • 周波数帯域: 【LTE】700Mhz 、900Mhz 、1,800Mhz  【3G】900Mhz 、2,100Mhz
  •  

  • 利用期間:利用開始後、5日(日数カウント)  ※例えば台湾時間23時に利用開始した場合、 1時間で1日分としてカウントされます。
  • FAREASTONE 台湾プリペイドSIM LTEデータ通信5日無制限


  • 台湾にて4G LTE高速データ通信(*一部地域にて3G通信)が無制限にて利用できる大変オトクなプリペイドSIMカードです。 食べ物が安くておいしい 人が親切な台湾に最適なオリジナル プリペイドSIMをご用意しました。 このSIMカードを使えば利用データ量を気にする事なく、サクサクと地図やWeb検索が速度制限なく利用できるので、よくばりな観光をする方も不便する事はありません。
  • ご提供する通信会社は、台湾通信会社の中で最大手の中華電信とNTTドコモが出資しているFar EasTone、台湾之星の3社が利用できるHybrid SIMなので利用エリアが広く停滞することなく安定した高速通信が可能です。  ・利用出来るのはSIM Freeスマートフォンとなります。※タブレット・Wi-Fiルーター利用不可  ・利用する端末にテザリング機能があればデータ通信を分け合って高速通信利用する事もできます。 
  • SIMサイズ:標準、micro・nanoに対応  ・データ通信量:LTEまたは3Gデータ通信が無制限で利用可能 (速度制限なし)  ・データ通信専用 (通話利用不可)  ・周波数帯域: 【LTE】2,600Mhz、1,800Mhz、700Mhz  【3G】2,100Mhz1,800Mhz、900Mhz
  • 利用期間:利用開始後、5日間利用可能。●アクティベートが必要です。
  • 3枚とも若干周波数が違う

    3枚とも買って使用感や速度をレビューをしてもいいのですが、数日間の旅行でたびたびSIMカードを差し替えているのも面倒なので2枚選んでみることにします。

    Hot Taiwan SIM-TSTAR台湾之星 FAREASTONE 台湾プリペイドSIM
    LTE 900Mhz 、2600Mhz 700Mhz、1,800Mhz、2,600Mhz
    3G (記載なし) 900Mhz、1,800Mhz、2,100Mhz

    先ほど注文したので、どれくらいで届くかも含めて記事をアップしていきます。
    「Hot Taiwan SIM-TSTAR台湾之星」はAmazonプライム対応なので明日には届くと思います。
    「FAREASTONE 台湾プリペイドSIM」は香港から配送されてくるようなので1週間以上かかるかもしれません。旅行までには間に合うと思いますが、こちらを選ぶ方は早めに注文したほうがいいかもしれませんね。